目の歴史を変える最新手術│レーシックで視界WELCOME

費用と保険

風船を持つ女性

裸眼の視力を矯正出来る手術としてレーシックが存在しています。多くのクリニックで一般的に可能になってきたレーシックですが、基本的には健康保険の適用外になります。その理由として自由診療であり、生活の困難を解決する医療行為ではないからです。行いたい方は行ってもいいというのが現状で、保険適用外なため全額事故負担する必要があります。しかしながら現代では技術も向上し、10万円から20万円の範囲内で手術を行うことが出来る様になっています。手術時間もほんの数分間なのでそこまで大規模な手術を行うことはありません。健康保険適用外だとしてもかなわない程高額な料金になることはないということを知っておくといいでしょう。

レーシック手術は直接眼の奥の角膜をレーザーを用いて削っていきます。この削りによってカーブの角度を変え、視力を矯正していくわけです。そのため失敗は許されない手術とも言え、逆に失敗してしまうと正常な視力を失うということにもなります。実際少ない件数ですが希望していた視力以上の裸眼視力になり生活が苦しいという方や、失明してしまったという方も存在します。各クリニックではそういったことが起こらないよう最善の術を尽くして手術を行なうわけですが、人間なので100%成功するということはないと言えます。そのため近念ではレーシック専用の医療保険というのも登場してきています。失敗の確率は非常に低いですが、万一の時のためにも保険に加入しておくというのはリスクマネジメントとして大切なことといえるでしょう。